《クロノ・ドラン・Z/Chrono Dran Z》

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ギアクロニクル - ギアドラゴン/十二支刻獣 パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆
【自】【(R)】:[このユニットを表でバインドする] あなたのグレード2以上の〈十二支刻獣〉が(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から5枚見て、グレード3か1のカードを1枚まで公開し、手札に加え、山札をシャッフルする。
【起】【バインドゾーン】【Gブレイク】(1):[あなたの手札から1枚選び、捨てる] このカードを手札に加える。

 竜神烈伝で収録されたグレード0のギアクロニクル

 2つ目の能力は、グレード2以上の〈十二支刻獣〉がヴァンガードサークル登場した時に自身をバインドすることで、デッキトップ5枚からグレード3か1のカードを1枚まで手札に加える自動能力

 誘発条件がやや限定的で不確実な1:1交換となるが、3〜4ターン目のタイミングからデッキトップ5枚からグレード3が1のカードの確保が行える。

 デッキトップから5枚という範囲とはいえ、その中にグレード3か1のカードが1枚でも含まれていれば手札に加えるので成功率はそれなりに高めとなっている。
 グレード3のカード《刻獣 リボルバー・ドラコキッド》等を手札に加えてライド事故超越スキルコスト確保を狙える他、守護者手札に加えることで守りを固める用途にも利用できる。

 コストでこのカードバインドゾーンに置かれることになるが、バインドゾーンカードないし〈十二支刻獣〉が増えることで都合が良い《刻獣 バルブレーザー・ドラゴン》《刻獣使い ザンビヤ》永続能力を補助が行える。
 ジェネレーションブレイク(1)が有効化すれば起動能力により手札に加えられ、誘発条件も適当な〈十二支刻獣〉のGユニット超越すれば満たせるので再利用は容易い。
 複数回再利用すれば山札の圧縮も多少ながら期待できる。
 ただし、リアガードサークルに配置してから再びグレード2以上の〈十二支刻獣〉がヴァンガードサークル登場するまでに相手カード効果等で処理されてしまう場合もあるので注意したい。

 誘発条件に対応するカードの中でも《超刻龍 オルタード・ドラゴン》との相性は良く、こちらのコストバインドゾーンの枚数が稼げることを利用してカウンターチャージを狙うための補助手段となり、6ターン目以降となるがメインデッキグレード2以上の〈十二支刻獣〉を入れていないデッキでの利用も可能とすることができる。

 3つ目の能力は、手札1枚のドロップで、自身を手札に加えるジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 1:1交換でバインドゾーンから手札に加えることで、手札シールドの増加、自動能力の再利用が狙えるようになる。
 《クロノジェット・ドラゴン・Z》永続能力とも相性が良く、コスト手札からグレード3の〈十二支刻獣〉をドロップしても超越スキルコストの支払いに影響しにくくなり、純粋な手札シールドの増加が狙いやすくなり、手札ドロップゾーングレード3以上のカードがない状態から手札から《刻獣 メリーブロック・ドラゴン》ドロップゾーンに置いたなら以降のターン超越する予定のGユニット超越スキルコスト確保に繋げることができる。

関連カード

ユニット設定

すべての可能性が交錯する場所「可能性の世界」で運命力を高めた「クロノ・ドラン」の姿。特性が大幅に変化した影響が肉体にも表れており、装甲の大部分が白く変化している。特に体内に宿す「G器官」の変容は著しく、構成要素が元の器官から大きく変わった。新たな器官は便宣上「Z器官」と名付けられ、一連の事件が終わった後に詳しく研究される予定となっている。なお、例によって、クロノ・ドランの器官には「クロノジェット・ドラゴン」によるプロテクトが掛けられており、許可なく行使することはできない。G器官を大きく上回る力を持つZ器官。ふたつのZ器官が共鳴した時、一体どれほどの力が生まれるのか。現段階では皆目見当がつかない。

FAQ

  • Q4001 (2018-02-23)
    Q. 見たカードの中に、当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 置く場所を指定されている場合はその指示に従い、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q4004 (2018-02-23)
    Q. このカードの能力やコストで公開されたカードはいつまで公開されますか?
    A. 公開されたカードが別の場所に移動するか、他の能力の解決やゲームが進行する前に、公開されたカードを元に戻します。
  • Q4043 (2018-02-23)
    Q. ライドも登場ですか?双闘する場合や超越はどうですか?
    A. ライドは「登場」です。双闘によってレギオンメイトがサークルに置かれるのも、超越によってGゾーンからカードがサークルに置かれるのも「登場」です。ターン終了時にハーツカードがヴァンガードになったり、デリートされていたヴァンガードが表になることは「登場」ではありません。
  • Q4050 (2018-02-23)
    Q. このカードの【バインドゾーン】の能力は、このカードが裏でバインドされている時でも使えますか?
    A. 使えません。バインドゾーンで裏になっているカードはカードの情報やテキストは何もないものとして扱われます。

収録情報

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/098 C デザイン:伊藤彰 イラスト:安達洋介必ずまた会える。そう信じているから。
PRカード大ヴァンガ祭×大バディ祭 来場者特典PR/0727 デザイン:伊藤彰 イラスト:安達洋介(※なし)