《グロビュール・ドーベル/Globule Dober》

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
リンクジョーカー - サイバービースト パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【ソウルブラスト】(1)] あなたのヴァンガードの効果か、あなたのエンドフェイズ中にこのユニットが解呪された時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、【カウンターチャージ】(1)。

 混沌と救世の輪舞曲で収録されたグレード1のリンクジョーカー

 ヴァンガード効果か、エンドフェイズ中に解呪された時にソウルブラスト(1)で、1枚ドローし、カウンターチャージ(1)する自動能力を持つ。

 誘発条件はやや限定的なものとなっているが《ダークメタル・カメレオン》と同様に《鉄星の黒弾 フォトスフィア》《定常宇宙の祈り子》等のコスト要員として適したカード
 こちらはコストソウルブラスト(1)を必要としているものので《デュナミス・メサイア》等との兼ね合いに注意が必要となるものの、カウンターチャージによるリソース補充に加えてドローアドバンテージも得ることができる。

 エンドフェイズを待たずに使う場合は必然的にヴァンガード効果解呪を狙うことになるが、その多くはコストカウンターブラスト(1)を含むのでカウンターチャージ(1)によってそのコストを相殺しながらドローが狙える。
 その中でもソウルチャージドローが行える《創世竜 インテグラル・メサイア》はこのカードコストも工面しつつ合計2枚のドローに繋げられ、《創世竜 トランスエルス・メサイア》ならライドフェイズドローできるので、直後のメインフェイズノーマルコールするカードの確保に繋げることができる。

 その他にも《イディアルエゴ・メサイア》《磁気嵐のレディボンバー》登場した時のドロー能力コスト手札からこのカード呪縛カードとして配置することが可能なことを利用して、大半の呪縛手段が利用できない3~5ターン目のエンドフェイズ誘発が狙うという使い方もある。
 それによってライドフェイズまたはメインフェイズに1枚、エンドフェイズに1枚、合計2枚ドローすることができるので、序盤の動きに乏しい【メサイア】としては悪くない選択肢である。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q3695 (2017-10-20)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3734 (2017-10-20)
    Q. あるユニットが「そのターン中、パワー+3000」などの効果を受けていた状態で呪縛され、さらにそのターン中に解呪された場合、受けていた効果はどうなりますか?
    A. 失われます。パワーの増減に限らず、リアガードが呪縛されると、そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。
  • Q3735 (2017-10-20)
    Q. 【レスト】状態のユニットが呪縛され、その後に解呪された場合、解呪されたユニットは【レスト】状態ですか?
    A. いいえ、【スタンド】状態です。呪縛カードは、解呪される時に【スタンド】状態になります。
  • Q3751 (2017-10-20)
    Q. エンドフェイズ中にヴァンガードの効果で解呪された場合、効果を2回使えますか?
    A. いいえ、使えません。

収録情報

クランブースター混沌と救世の輪舞曲G-CB06/012 RR イラスト/Hirokorin解呪(アンロック)は歓喜の咆哮と共に。