《ドラゴニック・オーバーロード “The() Destiny(デスティニー)”/Dragonic Overlord "The Destiny"》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:[【ソウルブラスト】(1)] このユニットが手札から(V)に登場した時か、あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、いずれかの(V)以外のサークルを1つ選び、そのサークルのカードすべてをドロップゾーンに置く。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選び、退却させ、あなたの山札の上から7枚見て、「オーバーロード」を含むカードを1枚まで公開し、手札に加え、山札をシャッフルする。

 究極超越で収録されたグレード3のかげろう

 1つ目の能力は、手札からヴァンガードサークル登場した時か、ライドフェイズ開始時にソウルブラスト(1)でいずれかのヴァンガードサークル以外のサークルを1つ選び、そのサークルカードすべてをドロップゾーンに置く自動能力

 ソウルブラスト(1)という低コストでいずれかのヴァンガードサークル以外のサークルカードドロップゾーンに置ける。

 ユニット目標にする処理を介さないことから抵抗等で効果目標にできない相手リアガード退却させること自体ができない相手呪縛カードでも確実にドロップゾーン送りにできる他、ディスアドバンテージは負うがこちらのフィールドを圧迫している呪縛カードを処理する手段にとなる。

 2種類の誘発条件により、このカードライドしたターンから継続的に利用し続けることができる能力であるが、《スフィリカルロード・ドラゴン》能力等で手札以外の領域からスペリオルライドした場合は誘発条件を満たせない点には注意しておきたい。

 2つ目の能力は、Gユニット超越した時にカウンターブラスト(1)で、相手リアガード1枚を退却させ、デッキトップ7枚から「オーバーロード」のカードを1枚まで手札に加える自動能力

 《ドラゴニック・ブレードマスター》退却能力に、不確実ながら「オーバーロード」のカード1枚を手札に加える単発効果を足した設計の能力となっている。
 1つ目の能力と合わせて相手リアガードを2枚削れるため、追加効果は無視しても《炎熱機竜 ズィーゲンブルク》《ドラゴンモンク ギョクリュウ》等との十分なシナジーが見込めるが、追加効果で獲得に成功すれば超越スキルコストによる手札消費の相殺が狙える。
 《覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Purge”》《覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Ace”》コスト確保の手段にもなるが、それらのコスト確保を確実性に欠けるこの効果を前提にするのは失敗した場合に機能不全という大きなリスクを負うことになるため、《リザードジェネラル コンロー》等の失敗した場合に備えて予備の確保手段を用意しておいたり、安定性を重視して《炎熱機竜 ズィーゲンブルク》等の別のカード超越するといったリスクを減らす選択肢も用意しておきたい。

関連カード

ユニット設定

自身の専用兵装として試作された特殊装甲「Destiny(デスティニー)」を身に纏った、帝国の暴竜「ドラゴニック・オーバーロード」の姿。「Destiny」は、神聖国家の主力兵装「ブラスター」に対抗する形で開発されたものであり、ブラスター同様に装着した者の感情を力に変える機構を備えている。ただし、求められる感情はブラスターの「勇気」「覚悟」などではなく、「力への渇望」。それ以外の感情が混じると、途端に機能不全を起こして動けなくなるため、飽くなき武の探究を生きがいとする求道者でなければその力を発揮することはできない。それが可能なのはただ1人、帝国の暴竜のみといえるだろう。なお、同兵装はいくつかの試験量産も為されたが、最後まで汎用性と機能のバランス調整が上手くいかず、ついには研究そのものが凍結されてしまった。「ヴォイド・レリクス」に出現した「ドラゴニック・オーバーロード “The Destiny”」はこの時空におけるオーバーロードではなく、あらゆる魂を引き寄せるヴォイド・レリクスが、別の時空から誘った存在。ヴォイド・レリクスに閉じ込められた後、ある者の手引きで仮初の肉体を得て、かつての宿敵「ブラスター・ブレード」と協力し、「カオスブレイカー・ドラゴン」と死闘を演じた。互いに大きく損耗したところでカオスブレイカーが「ギーゼ」に連れ去られてしまったため、決着をつけることは叶わなかった。その後、ヴォイド・レリクスが崩壊したことで解き放たれ、その魂は元の時空へと帰還した。

FAQ

  • Q3566 (2017-11-17)
    Q. 見たカードの中に、当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 置く場所を指定されている場合はその指示に従い、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q4205 (2018-10-05)
    Q. “いずれかの(V)以外のサークルを1つ選び、そのサークルのカードすべてをドロップゾーンに置く”という効果により、呪縛カードが置かれているサークルを選択することは可能ですか?
    A. はい、可能です。呪縛カードが置かれている「呪縛サークル」も「サークル」です。そのため、「呪縛サークル」を“(V)以外のサークル”として選ぶことは可能です。
  • Q4206 (2018-10-05)
    Q. “ライドフェイズ開始時”を条件とする自動能力は、【超越】が行われるよりも前に発動しますか?
    A. はい、【超越】するよりも前に“ライドフェイズ開始時”を条件とする自動能力は発動し、解決されます。「ライドフェイズ」は、「ライドステップ」→「ストライドステップ」と進行します。また、“ライドフェイズ開始時”を条件とする自動能力は、「ライドステップ」にて発動し、解決されます。そのため、“ライドフェイズ開始時”を条件とする自動能力は、【超越】するよりも前に発動し、解決されます。
  • Q4207 (2018-10-05)
    Q. “そのサークルのカードすべてをドロップゾーンに置く”という効果により、“このユニットが(R)から退却した時”という条件の自動能力を持つリアガードを退却させました。そのリアガードの自動能力は発動しますか?
    A. はい、発動します。「退却する」とはフィールドからドロップゾーンにカードを移動させる行動です。そのため、“このユニットが(R)から退却した時”を条件とする自動能力を持つリアガードが、“そのサークルのカードすべてをドロップゾーンに置く”という効果でドロップゾーンに置かれた場合でも、退却はしているため、“このユニットが(R)から退却した時”という条件を満たし、発動します。
  • Q4208 (2018-10-05)
    Q. “そのサークルのカードすべてをドロップゾーンに置く”という効果により、“このユニットはカードの効果で退却しない”という永続能力を持つリアガードが存在するリアガードサークルを選択しました。そのリアガードは退却しますか?
    A. いいえ、退却しません。「退却する」とはフィールドからドロップゾーンにカードを移動させる行動です。そのため、“そのサークルのカードすべてをドロップゾーンに置く”という効果も、退却させる効果であるため、“このユニットはカードの効果で退却しない”という永続能力を持つリアガードは退却しません。
  • Q4209 (2018-10-05)
    Q. “そのサークルのカードすべてをドロップゾーンに置く”という効果により、『抵抗』を持つリアガードを退却させることは可能ですか?
    A. はい、可能です。『抵抗』は、「選び」や「選ぶ」とあるカードの効果で、『抵抗』を持つユニットが選択されないという能力です。また、選択されないのは『抵抗』を持つユニットのため、そのユニットが存在するサークルは選択可能です。そのため、ユニットを選択していない、“いずれかの(V)以外のサークルを1つ選び”という効果により『抵抗』を持つユニットが存在するリアガードサークルを選択し、その『抵抗』を持つユニットを退却させることは可能です。
  • Q4210 (2018-10-05)
    Q. 「ドラゴニック・オーバーロード“The Destiny”」の“あなたの山札の上から7枚見て”以降の効果は、“相手のリアガードを1枚選び、退却させ”という効果で1枚も退却できていない場合には解決できませんか?
    A. いいえ、解決することは可能です。コストを支払い解決した能力の効果は可能な限り解決されます。そのため、“相手のリアガードを1枚選び、退却させ”という効果により、リアガードを1枚も退却できない場合でも、“あなたの山札の上から7枚見て”以降の効果は可能な限り解決されます。

収録情報

ブースターパック究極超越G-BT13/008 RRR イラスト/タカヤマトシアキ運命を背負う覚悟が、その身に新たな力を宿す。
G-BT13/S04 SP イラスト/タカヤマトシアキ(※なし)