《バーサーク・ドラゴン》(Vシリーズ)

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
かげろう - フレイムドラゴン パワー10000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(V)/(R)】:登場時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)]することで、相手のリアガードを1枚選び、退却させ、このユニットが(V)にいるなら、1枚引く。
【自】【(R)】:ヴァンガードにアタックした時、あなたのリアガードが相手より多いなら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

 結成!チームQ4で収録されるグレード2のかげろう

 1つ目の能力では使いきりとなるが、ヴァンガードサークルリアガードサークル登場した時に目標に制限の無い退却を行える。
 最速3ターン目から利用が狙える有用な退却を行えヴァンガードサークル登場した場合はドローを行う追加効果が利用できるので、出来る限りライドしたい。

 ただし、3ターン目の段階では、相手リアガードが無く、退却を行えずドローしか利用できない場合があるので注意したい。
 その場合は、《臥竜 ストライケン》(Vシリーズ)の方を優先的にライドして様子見するの手もあるが、【かげろう】ドロー手段が少ないので、ライド事故の発生が危惧される状況やリソースに余裕がある場合はドローだけ狙っても良いだろう。

 ただし、リアガードサークル登場した場合は、単に退却するだけにしてはやや重めなコストとなるので、利用するのはソウルに余裕がある場合にしておきたい。

 2つ目の能力では、ヴァンガードアタックした時にリアガード相手より多いことを要件パワーを得られる。
 ブースト用のリアガードを用意しにくい【かげろう】において、コスト不要かつ単体でも相手パワー13000のヴァンガードに対してもヒットを狙える利点は大きい。
 一方で、要件を満たすためにリアガード相手より多く用意する必要があり、相手リアガードが5枚以上いるとほぼ満たせなくなるのが難点もある。
 一応、自身の1つ目の自動能力を含め、相手リアガード退却で減らせる【かげろう】であれば、要求されるリアガードの枚数を減らしやすく、相手リアガードが5枚以上という状態も崩せるので対応しやすい要件ではあるが、やや不安定さはあるので注意しておきたい。

 プレミアムスタンダードにおいては、有用なリソースの補充手段の《英気の炎 アエトニキ》が加わることで1つ目の能力コストの工面がしやすくなる場合もあれば、コストカウンターブラストを使い最終的にソウルにも置かれない《リザードソルジャー コンロー》ファーストヴァンガード候補に加わることでコストの工面が厳しくなる場合もあるので注意しておきたい。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

ブースターパック結成!チームQ4V-BT01/010 RRR イラスト:コガラツ双頭竜は一匹の獲物では決して満足しない。