《フローラルウィッチマスター ミミ/Floral Witch Master, MiMi》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
オラクルシンクタンク - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[手札から「ウィッチ」を含むカードを1枚選び、捨てる] このユニットが(V)に登場した時、あなたの「ウィッチ」を含むハーツカードがあるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分の手札から2枚選び、捨ててよい。2枚捨てないなら、あなたは相手のヴァンガードを1枚選び、1ダメージ与え、そのダメージチェック中、トリガーの効果をすべて無効にする。

 ファイターズコレクション2015 Winterで収録されたオラクルシンクタンクGユニット

 ヴァンガードサークル登場した時に「ウィッチ」のハーツカードがあるなら、手札の「ウィッチ」のカード1枚のドロップで、相手手札から2枚をドロップでき、2枚ドロップしないなら、相手ヴァンガード1枚に1ダメージを与え、そのダメージチェック中、トリガー効果をすべて無効にする自動能力を持つ。

 「ウィッチ」のカードハーツ化手札の「ウィッチ」のカードドロップを要求されるが、1:2交換で相手手札ドロップを強要できる。
 メインデッキに入れることができる「ウィッチ」のカードはそれほど種類が多いわけではないので、《ローズレッドウィッチ クク》等の能力で確保が狙える補助手段を併用しておきたい。
 手札に「ウィッチ」のカードが用意できない等の理由でこのカード能力を有効に利用できない場合には、他のGユニット超越すれば良いだけなので、使用タイミングは調節できる。

 単に手札を2枚ドロップするだけでも相手の防御手段を減らせるので、相手ユニットアタックヒットを狙いやすくなる。
 仮に相手手札2枚をドロップできない状況に追い込めば、相手ダメージゾーンを確実に1枚増やし、そのターンでのフィニッシュを狙える。

 ただ、相手ダメージゾーンがある程度増えていないと手札ドロップの強要性が薄れてしまうので、相手ダメージゾーンが4~5枚の状態での利用を狙いたい。
 一応、それ以外でもガード強要力の向上に繋げる程度の働きは期待できる。

 主なハーツ化要員となる《ローズレッドウィッチ クク》《スカーレットウィッチ ココ》等とは異なり、ソウルの枚数に依存しないので《仮面の神竜使い ハリー》等の能力ソウルを増やされてしまった場合でも問題なく機能する点も中々魅力的である。

関連カード

ユニット設定

はるか未来の“オラクルシンクタンク”に所属する大魔法使いの一人。
惑星のみならず、宇宙全体の情報を掌握する巨大企業に成長した「在るかも知れない未来」のオラクルシンクタンクでは、
高い戦闘能力を持つ魔法使いを警備部署に配属し、大切な「商品」のセキュリティに力を入れている。
そのうちの一人が、「花の大魔法使い」の異名を取るミミである。
桁外れの魔力を放出する「フラワーライト・ガイザー」の威力は、小惑星一つを消し去るほどの威力を誇る。
そのため、彼女の「お願い」は、実質的な「投降せよ」の意味らしい。
聖域の本社と、宇宙空間に設立された支社を行き来し、支社の金庫へ重要な情報を運ぶ役割を担っている彼女は、常に商売敵から狙われている。
しかし、彼女とその仲間から、肝心の魔力情報記憶媒体を奪えた者はいない。
完璧なセキュリティは、この企業の信頼を支える大きな土台なのだから。

FAQ

  • Q1374 (2015-12-17)
    Q. 相手の手札が1枚以下の場合、どうなりますか?
    A. 相手は可能な限りの処理を行ないます。1枚のみ捨てることもできますが、その場合でも「2枚」捨ててはいないのでダメージを受けます。

収録情報

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015 WinterG-FC02/009 RRR イラスト/あおじ彼女の「お願い」は、必殺技に等しい。