《ロップイヤー・シューター/Lop Ear Shooter》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ゴールドパラディン - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットが山札から(R)に登場した時、あなたの《ゴールドパラディン》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から3枚まで見て、《ゴールドパラディン》を1枚まで探し、(R)にコールし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。

 獣王爆進で収録されたグレード2のゴールドパラディン

 リアガード1枚のために手札1枚をコストにするため、バトルフェイズ中にコールしないと1:1交換以上のアドバンテージを生むのが難しい。
 メインフェイズ中の場合は手札交換のような感覚になるだろう。

 同じ誘発条件を持ったグレード2である《閃光の剣の戦乙女》に比べると、コストは重いが見られるカードの枚数が多いので「外れ」を引きにくい。
 何より元々のパワーが及第点の数値であるので、誘発要因となるカードが少なくても採用しやすい。
 逆に、このカード自身は他の同誘発条件カード誘発補助として有用でもある。

関連カード

ユニット設定

“ゴールドパラディン”白兎団の偵察兵。 偵察を主目的で製造された魔力コーティング済の軽装甲は、装備も軽量ブースターと頭部の簡易粒子砲のみという、徹底して動きを阻害する武装を排除した物になっている。 偵察兵にとっての勝利とは、正しき情報を入手し、味方の下まで確実に持ち帰る事。 偽の機密に踊らされ、惨事に見舞われた者も数多く存在する。 戦わずして勝つというのは、ある意味戦って勝つ事よりも困難なのかもしれない。

【白兎団とは】
聖域の護り手である七聖獣を象徴に掲げる“ゴールドパラディン”7つの部隊の一つ。
白兎(はくと)団は偵察・諜報など、戦闘以外の特殊な任務において高い能力を持つ者を募った団である。
持ち味である速度を生かす為に犠牲となっている防御面は、装備に魔力による硬度強化を施すことで補っている。

FAQ

  • Q229 (2012-07-06)
    Q. 「登場した時」に発動する能力は、登場した時コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、「○○時」のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q299 (2012-11-12)
    Q. 山札の上から3枚の中に当てはまるカードがない場合どうなりますか?
    A. 見た3枚すべてを山札の下に好きな順番で置いてください。

収録情報

ブースターパック獣王爆進BT07/041 R イラスト/ToMo戦場は常に変化する。故に、速き者だけが生き残る。