一掃の梟匠(スイープ・オウルナー) セスリーン》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
シャドウパラディン - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】儀式3(あなたのドロップゾーンにグレード1が3枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1),あなたの他のリアガードを1枚選び、退却させる] あなたのターンの終了時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットと同じ縦列にいる相手のリアガードすべてを退却させる。

 竜皇覚醒で収録されたグレード2のシャドウパラディン

 ターン終了時にカウンターブラスト(1)と他のリアガード1枚の退却で自身と同じ縦列にいる相手リアガードをすべて退却させる儀式3の自動能力を持つ。

 儀式3を満たす必要があるが、最大1:2交換でリアガード退却を行える。
 コストとするリアガード《竜刻魔道士 ノイッシュ》《竜刻魔道士 セミアス》によってスペリオルコールしたターン終了時にリアガードサークルを離れるものを選べばそれ以上のコスト効率にできる。

 エンドフェイズ誘発するため、事前にインターセプト等でこのカードと同じ縦列からユニットがいなくなる可能性があるが、儀式3が有効になった段階から使えるので序盤から積極的にリアガードを展開してくる相手への反撃の手段として利用できる。

 また、相手リアガード効果で選ばないため、抵抗等によって妨害される心配もなく、この能力を嫌って相手リアガードの展開を渋れば、次のターン《暗黒竜 カーニバル・ドラゴン》《暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”》に繋げやすくなる。

関連カード

ユニット設定

内乱の一件以来、表向きには解体された集団として鳴りを潜めている“シャドウパラディン”の一員。同騎士団の構成員は、その多くが戦士か魔道士かに分類されるが、「セスリーン」はそのどちらにも属さない特殊な一例である。彼女は「梟匠(オウルナー)」を生業としている、所謂「ブリーダー」である。儀式用・戦闘用、あらゆる梟を注文通りに育て、仕込み、売り捌く。その金額たるや、表のレートではありえないほどの高額だが、購入した者のほとんどが「それだけの価値がある」と納得するほどの、彼女の育てた梟は良い仕事をするのだという。しかし内乱以降、お得意様の大半が行方知れずとなってしまい、現在の商売相手は生贄用の要望が多い「竜刻魔道士(ドラグウィザード)」がほとんど。「廃業も近いかな」と冗談交じりに言ってはいるが、状況はそこそこ深刻なようである。

FAQ

  • Q3540 (2017-08-24)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3541 (2017-08-24)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3582 (2017-08-24)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q3612 (2017-08-24)
    Q. 儀式とは何ですか?
    A. 儀式とは、あなたのドロップゾーンにあるグレード1のカードの枚数を参照し、指定された枚数以上なら有効になる能力です。
  • Q3613 (2017-08-24)
    Q. 自動や起動の儀式能力を解決したあと、ドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数未満になった場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、特に記述されていない限り失われません。自動であれば誘発時、起動であればコストを支払う段階でドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数以上あれば、その後、指定の枚数未満になってもその効果が失われることはありません。
  • Q3614 (2017-08-24)
    Q. 儀式能力で指定された枚数を満たすために、その能力自身のコストでドロップゾーンに置く予定のグレード1のカードも数えてよいのですか?
    A. いいえ、数えられません。この能力のコストの支払いは、ドロップゾーンのグレード1のカードが指定された枚数以上ないと支払うこと自体ができません。

収録情報

ブースターパック竜皇覚醒G-BT12/032 R イラスト/絵西立つ鳥後を濁さずってね!