双絶(そうぜつ)聖騎士(せいきし) セイント・オブ・ツインソード》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - 【コスト】[手札からグレードが合計3以上になるように1枚以上、捨てる]ことで、裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:ブーストされてヴァンガードにアタックした時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1),Gゾーンを1枚表にする]ことで、あなたの山札から、グレード2を2枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルする。
【自】【(V)】:あなたのリアガードが山札から登場した時、あなたの表のGゾーン1枚につき、そのターン中、そのユニットのパワー+5000。

 プレミアムコレクション2019で収録されるロイヤルパラディンGユニット

 1つ目の能力は、ブーストされてヴァンガードアタックした時にカウンターブラスト(1)とGゾーンの裏のカード1枚を表にすることで、グレード2のカードを2枚までリアガードサークルコールする自動能力

 ブースト役が必要となるが、低コストで2枚分のスペリオルコールを行うことができる。
 単純に2枚分のリアガードを補充する目的で利用する分にも優秀だが、ユニットの重複処理が発生するように前列スペリオルコールを行えば、2枚分の疑似スタンドが行える。
 山札から探すことができるのはグレード2のカードに限定されているので、基本的には左列右列前列にそれぞれ1枚ずつスペリオルコールすることになる。
 それぞれ単独での疑似スタンドとなっても2つ目の自動能力パワーを増やせるので要求シールド値の確保は期待しやすく、コールするカードの内の片方を《真直の騎士 カラウシウス》《督励の騎士 アルビオン》にしてやれば、それらの能力によって単独での疑似スタンド枚数をさらに追加で1回増やすことが可能となる。
 特に《真直の騎士 カラウシウス》《督励の騎士 アルビオン》スペリオルコール可能なので、コスト合計はカウンターブラスト(4)とソウルブラスト(1)と嵩むことになるが合計で4枚分もの疑似スタンドに繋げれる。
 また、勇敢能力の有効化や確実性といった問題点はあるものの、《督励の騎士 アルビオン》でも《ナイト・オブ・ライトオーダー》スペリオルコールすることでカウンターブラスト(1)で次の超越スキルコストを確保しながらグレード2のカードスペリオルコールが狙えるので、そちらでも疑似スタンドの枚数を伸ばすことができる。

 同一のリアガードサークルユニットで合計3回以上のアタックが見込めるのでフォースで強化しておくと尚良いだろう。

 2つ目の能力は、リアガード山札から登場した時にGゾーンの表のカード1枚につき、パワー+5000を与える自動能力

 山札から登場したユニットパワーを増やすことで要求シールドの増加を狙うことができる。

 効果量はGゾーンに表のカード1枚につきパワー+5000となり、Gゾーンの表のカードがない段階で超越した場合、恩恵を受けられるのは前半の能力を利用した後、効果量も1枚分のパワー+5000で固定となるが、事前に他のGユニット超越またはコールしている場合には、前半の能力を利用する前のタイミングから恩恵を享受が可能となり、効果量も合計パワー+10000以上が狙えるようになる。
 より高い効果量を望むなら単にGユニット超越コールを重ねるたけでなく、別のこのカード《神聖獣 ディバイン・ますくがる》等のコストを利用して積極的にGゾーンの表のカード枚数を稼いでやるとよい。

 前半の能力スペリオルコールすることで単独での疑似スタンド枚数を稼げる《真直の騎士 カラウシウス》《督励の騎士 アルビオン》との相性に優れており、それらでバトルフェイズスペリオルコールしたユニットにもパワー増加の恩恵を与えられる。

 メインフェイズ以前に山札からスペリオルコールを行う事の多い能力を持つカードと組み合わせる際には大きな欠点になるので注意したい。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

スペシャルシリーズプレミアムコレクション2019V-SS01/007 RRR イラスト/藤真拓哉正義と忠義を示すが如く、二本の剣が舞い降りる。