喧嘩屋(ブロウラー) ショットガンブロー・ドラゴン/Brawler, Shotgun Blow Dragon》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
なるかみ - サンダードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘20000】「武断の喧嘩屋 リセイ」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2)] このユニットが【双闘】した時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のリアガードを2枚選び、退却させ、あなたのユニットが相手のユニットより多いなら、そのターン中、このユニットのクリティカル+1。
【自】【(V)】:このユニットがアタックした時、あなたのリアガードが相手のリアガードより多いなら、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。

 ファイターズコレクション2014で収録されたグレード3のなるかみ

 シークメイトの指定カードは、相手リアガード退却時のパワーアップ能力を持つ《武断の喧嘩屋 リセイ》

 双闘した時の能力は、カウンターブラスト(2)で相手リアガード2枚を退却させ、ユニットの枚数が相手より多いならクリティカル+1を得るというもの。

 1回限りな上にコストも決して軽くないが、カウンターブラスト(2)で相手に2枚分のディスアドバンテージを与えられ、要件を満たせばクリティカル+1まで得られる。
 双闘により必然的に高いパワーラインを持つため、相手にとっては大きな脅威となるだろう。

 相手リアガード2枚を退却させる以上、《スタンプ・ラッコ》でもいない限りはクリティカル+1の要件が満たせないことは稀である。
 「ユニット」を数えるため、相手ヴァンガード双闘していないとこちらが1枚分有利になることは覚えておきたい。

 2枚の退却要求によって《ドラゴンダンサー アガタ》《武断の喧嘩屋 リセイ》等の能力を複数回誘発させることができる。
 それらを併用することで全体のパワーラインの増強にも利用することができる。

 《喧嘩屋 スカイハウル・ドラゴン》《喧嘩屋 ヨウジン》と併用すれば、相手に退却を選ばせるリアガードの種類を減らし、後列に干渉することができる。

 パワー+2000の自動能力は必ずしも安定しない要件ではあるが、最速で双闘して能力を使用した後、ブーストなしでもほぼ確実にパワー21000ラインを超えられるというのは嬉しい点である。

関連カード

ユニット設定

一発の攻撃で複数の衝撃を食らったと勘違いするほど、高速の拳を繰り出す《喧嘩屋》の戦士。細かい事は一切合切後回しにして、とりあえずは相手を倒す事を第一に考える。《喧嘩屋》に配属された日に出会った「リセイ」と意気投合し、常にコンビを組んで作戦に当たっている。

FAQ

  • Q891 (2014-05-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q892 (2014-05-02)
    Q. ヴァンガードが双闘していて、リアガードが2枚います。ユニットは何枚ですか?
    A. 4枚です。
  • Q893 (2014-05-02)
    Q. 自分のリアガードが2枚で相手のヴァンガードは双闘していて、相手のリガアードが3枚います。このユニットが双闘して2番目の能力を使用し、相手のリアガード2枚退却しました。このユニットのクリティカル+1はされますか?
    A. はい、クリティカル+1されます。

収録情報

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2014FC02/002 イラスト/touge666よくわからんが、ぶっ飛ばせばよいのであろう?