天元超克(てんげんちょうこく) アルトマイル/Transcending the Heavens, Altmile》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(1),Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] あなたの「アルトマイル」を含むハーツカードがあるなら、そのターン中、このユニットは、【自】(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、山札からグレード2のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルし、そのターン中、そのユニットのパワー+5000。』『【永】【(V)】:あなたのターン中、Gゾーンの表の「飛天の聖騎士 アルトマイル」1枚につき、あなたの前列のユニットすべてのパワー+2000。』を得る。

 刃華超克で収録されたロイヤルパラディンGユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とGゾーンの裏のカード1枚を表にすることで、『ヴァンガードアタックした時に山札からグレード2のカードを1枚までスペリオルコールし、そのユニットパワー+5000を与える自動能力』と『Gゾーンの表の《飛天の聖騎士 アルトマイル》1枚につき、前列ユニット全てにパワー+2000を与える永続能力』を得るジェネレーションブレイク(1)の起動能力を持つ

 下準備として、他のGユニット超越またはコールした上で「アルトマイル」をハーツ化しておくといった手間がかかるが実質カウンターブラスト(1)のみのコストで、フィニッシュに近づけられる疑似スタンド前列すべてのパワーの増加をそれぞれ行う2つ能力を得られる。
 コストで表にするGゾーンの裏のカードは、得られる永続能力効果量の増加に繋がる《飛天の聖騎士 アルトマイル》が無難である。
 既に2枚以上を表にしており、2ターン後を見据えるなら《錦虹の聖騎士 クロテニウス》等を表にする選択肢があることも考慮しておきたい。

 得られる自動能力は、ヴァンガードアタックした時に山札からグレード2のカードを1枚までスペリオルコールし、パワー+5000を与えるというもの。
 効果の部分は《飛天の聖騎士 アルトマイル》自動能力の追加効果と共通するが、コストの重さを考えるとバトルフェイズ中のスペリオルコールとなるので疑似スタンドによる追撃が主な狙いとなる。

 コストは多少嵩むことになるが、《反攻の騎士 スレイマン》《風雅の騎士 ベニゼール》スペリオルコールすれば連鎖的にスペリオルコールが繋がるので、さらなる疑似スタンドの足掛かりにもなる。

 得られる永続能力は、Gゾーンの表の《飛天の聖騎士 アルトマイル》1枚につき、前列ユニットすべてにパワー+2000を与えるというもの。

 効果量はGゾーンの表の《飛天の聖騎士 アルトマイル》の枚数に依存することになるが、1枚分では《飛天の聖騎士 アルトマイル》が得る永続能力にやや劣るが、2枚以上あればそれ以上の性能となる。

 《飛天の聖騎士 アルトマイル》が得る永続能力と同様に後から登場したユニットパワーも増やせるので、スタンドトリガー等のスタンド効果バトルフェイズ中に使えるスペリオルコール手段といったバトル回数の増加を狙う戦術との相性が良い。

 ただし、Gゾーンの表の《飛天の聖騎士 アルトマイル》を多く稼ぐ事は、状況によってはやや難しい。
 《飛天の聖騎士 アルトマイル》コストGペルソナブラストを含んでいるので、1枚超越するだけで2枚分稼ぐ事ができるが、Gゾーンの表のカードが無い場合だと前列ユニットに僅かなパワーを与えるだけに留まってしまうので、ほぼこのカードへの繋ぎ役として割り切った上での運用となる
 Gゾーンの表のカードが無い場合でも強力な能力を利用できる《光輝の剣 フィデス》コストで表のカードを稼いだ方が良い場合もあるが、その場合だと1枚しか稼げない難点もある。

 また、【勇敢】型の【アルトマイル】でも利用できなくはないものの勇敢能力を持たないことにより、《神明の騎士 アルトマイル》《絶世の騎士 リヴァーロ》等が機能不全を起こしたり、《神聖竜 ルミナスホープ・ドラゴン》《勇壮の聖騎士 アルヴァクス》等が要求するGゾーンの表の勇敢能力を持つカードの枚数稼ぎに貢献しにくいといった難点があることに留意しておきたい。

  • 「ストライドゲート編」でも引き続き使用。
  • 超越時の台詞は「今こそ刻め、新たなるエピック! 我が望む未来を掴み取れ! ストライド・ジェネレーション! 《天元超克 アルトマイル》!」
  • アタック時の台詞は「クリーググロウ・インモータル」

関連カード

ユニット設定

「超越共鳴(ストライド・フュージョン)」の制御を習得し、新たな未来の可能性を宿すことに成功した「アルトマイル」の姿。「飛天の聖騎士」のさらに先で分岐した未来の姿であり、武具や雰囲気がまた異なっている。竜の背鱗に見立てた3つの凹凸が特徴的な大降りの双剣「三竜鱗剣(トライ・スケイル)」を軽々と振るっており、足りない力を技で補っていた聖騎士時に比べ、肉体そのものの頑丈さが増している。超越のように対象を呼び出すわけでは無いため、詳しい事情を知ることはできないが、より過酷な未来を乗り越えた末の姿であることが予測される。アルトマイルは模範的な騎士であろうとするが故に、強すぎる力である超越共鳴を安易に使用しないよう心がけてきた。彼が超越共鳴を発動させる時は――それ即ち、この力を使わなければ、より甚大な被害を及ぼす脅威が現れたということに他ならない。

FAQ

  • Q1908 (2016-02-18)
    Q. 【ジェネレーションブレイク】で指定された枚数を満たすために、その能力自身のコストで表にする予定のカードも数えてよいのですか?
    A. いいえ、数えられません。この能力のコストの支払いは、Gゾーンとヴァンガードサークルに表のカードが合計で指定された枚数以上ないと支払うこと自体ができません。
  • Q1909 (2016-02-18)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1910 (2016-02-18)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1911 (2016-02-18)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q1912 (2016-02-18)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1913 (2016-02-18)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q1914 (2016-02-18)
    Q. 能力の「表のカードが○枚以上なら」のような条件はその能力のコストで表にしたカードも含まれますか?
    A. はい、含まれます。ただし、「表のカードが2枚以上なら、コストを払ってよい」等のように、コストの支払いに対して「表のカードの枚数」が条件になっている場合は含まれません。
  • Q1915 (2016-02-18)
    Q. この効果で、このユニットを【ブースト】しているユニットがいるサークルにユニットをコールしました。【ブースト】のパワー増加はどうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中にドロップゾーン等に移動した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。
  • Q1916 (2016-02-18)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。

収録情報

ブースターパック刃華超克G-BT06/001 GR イラスト/イシバシヨウスケ天が立ちはだかるならば、天を超えよう。
ブースターパック超極審判G-BT08/S13 SP イラスト/イシバシヨウスケ(※なし)