対峙する根絶者(コンフロント・デリーター) ジャグヲック/Confront Deletor, Jagwokk》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - エイリアン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、相手のヴァンガードがデリートされているなら、コストを払ってよい。払ったら、すべてのファイターは自分の山札の上から1枚見て、(R)にコールする。コールされたユニットのグレードの合計が3以上なら、そのターン中、このユニットのパワー+5000。

 混沌と救世の輪舞曲で収録されたグレード3のリンクジョーカー

 リアガードサークル登場した時に相手ヴァンガードデリートされているならカウンターブラスト(1)で、すべてのファイターデッキトップから1枚をスペリオルコールし、コールされたユニットグレードの合計が3以上なら、パワー+5000を得る自動能力を持つ。

 相手ヴァンガードデリートしておくことで、低コストスペリオルコールリアガードを1枚増やすことができる。
 主要なデリート能力コストリアガード退却させてしまうので、その補充が行えるのはありがたい。
 他のファイターも同様のスペリオルコールを行うので一方的にアドバンテージを得ることができないのが難点であるが、事前に《呼応する根絶者 エルロ》を配置しておけばそれを利用して実質コストなしでの利用が狙える。

 また、スペリオルコールしたユニットグレードの合計が3以上になればパワー+5000を得るので単体でシールド20000要求が行えるようになり、《痙攣する根絶者 ヱディ》《奏でる根絶者 ヱファメス》等でもブーストが行えればシールド25000要求が行える。

 《欺く根絶者 ギヴン》を起点に《翻る根絶者 ズヰージェ》《奏でる根絶者 ヱファメス》スペリオルコールに成功すれば合計で2枚の疑似スタンドの成立が狙えるので、メインデッキ《剪断する根絶者 ヱヴォ》《呼応する根絶者 アルバ》等と併せて入れて追加のスペリオルコールが狙える当たりのカードを増やす目的で利用するのもよい。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q3695 (2017-10-20)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3718 (2017-10-20)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。

収録情報

クランブースター混沌と救世の輪舞曲G-CB06/020 R イラスト/じんてつ隠れていても無駄になる。