断罪竜(だんざいりゅう) クロムジェイラー・ドラゴン/Conviction Dragon, Chromejailer Dragon》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ゴールドパラディン - アビスドラゴン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(2),あなたの《ゴールドパラディン》のリアガードを2枚選び、退却させる] そのターン中、このユニットのパワー+10000/クリティカル+1。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたの手札から「断罪竜 クロムジェイラー・ドラゴン」を1枚選び、捨てる] あなたの山札の上から4枚まで見て、《ゴールドパラディン》を2枚まで探し、ユニットのいない別々の(R)にコールし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。

 竜騎激突で収録されたグレード3のゴールドパラディン

 リミットブレイクは、カウンターブラスト(2)とゴールドパラディンリアガード2枚の退却パワー+10000/クリティカル+1を得る起動能力

 コストはやや重めだが、もう1つの起動能力と併用すればカードの消費はある程度抑えることはできる。

 もう1つの起動能力ペルソナブラストを使うので安定利用が難しい上、ランダム性が強いが、ある程度の範囲からコールするカードを選べるので優れた展開補助になる。
 弱いリアガードが展開されてしまっても1つ目の能力で処理できるため、気兼ねなく使っていきやすい。

 起動能力であることで《月影の白兎 ペリノア》とは相性が良くないが、それ以外の「山札からリアガードサークル登場した時」の能力を持つカードとの相性は良いと言える。

 他にはコストペルソナブラスト手札に加えやすいように《光槍の解放者 ライネット》《小さな拳士 クロン》コスト確保のための《遠矢の騎士 サフィール》なども相性が良い。

関連カード

ユニット設定

突発的な発足や戦士参入などの理由で、規律が乱れがちな“ゴールドパラディン”を取り仕切る黒馬団の戦士。 かつて“シャドウパラディン”でも同様の職に就いており、法を破った者は如何な理由があろうと弁解の余地すら与えず葬ってきた。 その所業から敵味方問わず恐れられ、いつしか「断罪竜」という通称で名を馳せるようになる。 凄絶なる断罪者には敵味方という概念が無い。 判断するのは対象が善であるか悪であるかのみ。 咎人は黒竜の裁きをその身に受け、速やかなる死を渇望する程の恐怖を味わうという。

FAQ

  • Q348 (2012-12-07)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q371 (2012-12-07)
    Q. [ ]のコストは、どちらかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。

収録情報

ブースターパック竜騎激突BT09/007 RRR イラスト/スズキゴロウ咎人どもに告ぐ。もがき、苦しみ、罪を贖え!
BT09/S07 SP イラスト/スズキゴロウ束縛せよ断罪の鎖、アビサル・クロムジェイル!