星輝兵(スターベイダー) クルスガベル/Star-vader, Crusgabel》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
リンクジョーカー - サイバーゴーレム パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(V)/(R)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から10枚見て、「Я」を含むカードを2枚まで公開し、手札に加え、山札をシャッフルする。

 混沌と救世の輪舞曲で収録されたグレード2のリンクジョーカー

 ヴァンガードアタックしたバトルの終了時にカウンターブラスト(1)と手札から1枚をドロップすることで、デッキトップ10枚から「Я」のカードを2枚まで手札に加える自動能力を持つ。

 最大で1:2交換の効率でデッキトップ10枚から「Я」のカード手札に加えることができる。
 序盤の段階から山札から「Я」のカード手札に加える手段として《星輝兵 マグネットホロウ》がいるが、こちらは誘発条件が確実性のあるものとなっているのが特徴となる。

 「Я」のカード探す範囲はデッキトップから10枚と少々狭く、メインデッキに「Я」のカードを多少多めに入れておくことが前提となる。
 1枚でも探すことができれば1:1交換にはなり、運良く「Я」のカード2枚を探すことに成功したなら1:2交換となり1枚分のアドバンテージを得られる。
 【Я】においては、中盤以降に使えるようになる「グレンディオス」のカード《勅令の星輝兵 ハルシウム》等は勿論、《星輝兵 ルイン・マジシャン》《刻印の星輝兵 プラセオジム》能力を活かすために「Я」のカードが大量に必要となるので積極的に使っておきたい。

 また、コストドロップするカードについても「Я」のカードを利用しておくと、《星輝兵 ワールドライン・ドラゴン》と併せてドロップゾーンの「Я」のカードを増やせるので《星輝兵 ルイン・マジシャン》のための布石になる。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q3693 (2017-10-20)
    Q. 見たカードの中に、当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 置く場所を指定されている場合はその指示に従い、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q3694 (2017-10-20)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3695 (2017-10-20)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3696 (2017-10-20)
    Q. このカードの能力やコストで公開されたカードはいつまで公開されますか?
    A. 公開されたカードが別の場所に移動するか、他の能力の解決やゲームが進行する前に、公開されたカードを元に戻します。

収録情報

クランブースター混沌と救世の輪舞曲G-CB06/022 R イラスト/中村エイトでは、お迎えするとしよう。