星輝兵(スターベイダー) ストレンジ・ドラゴン/Star-vader, Strange Dragon》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
リンクジョーカー - サイバードラゴン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(R)に登場した時、あなたの「カオス」を含むヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットは【自】(R)】:このユニットがアタックかブーストした時、そのアタックがヴァンガードにアタックしているなら、相手は自分のリアガードを1枚選び、呪縛する。呪縛できなかったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。』を得る。
【永】【(R)】【Gブレイク】(1):相手の呪縛カードがあるなら、このユニットは『ブースト』を得る。

 混沌と救世の輪舞曲で収録されたグレード2のリンクジョーカー

 1つ目の能力は、リアガードサークル登場した時に「カオス」のヴァンガードがいるなら、『アタックブーストした時にそのアタックヴァンガードアタックしているなら、相手リアガードを1枚を呪縛し、呪縛できなかったら、パワー+5000を得る自動能力』を得る自動能力

 「カオス」のヴァンガードがいることが要件となっているが、相手リアガードコスト及び要件なしで呪縛する能力をそのターン限定で得られる。
 性質的に継続的な利用できず、目標相手が選ぶので狙ったリアガード呪縛できるとは限らないといった欠点はあるものの、能力を得さえすれば5ターン目からリソース消費せずに利用可能な呪縛手段となる。
 相手呪縛の実行を行えなかった場合はパワー+5000を得ることで要求シールド値の増加を狙えるようになっており、それを狙う際には事前に《滅星輝兵 カオスユニバース・アルサーニ》等を利用して相手リアガードを減らしておくとよい。

 2つ目の能力は、相手呪縛カードがあるなら、『ブースト』を得るジェネレーションブレイク(1)の永続能力

 こちらはジェネレーションブレイク(1)の制限があるので利用できるのは6ターン目以降となるが、相手呪縛カードがある限り向上的に『ブースト』を得られる。
 漠然と利用するだけでもパワー9000のブースト役として運用できるが、メインデッキに入れているグレード1のカードを、手札に置いておきたい《星輝兵 ペンローズゲート》《鉄壁の星輝兵 トリウム》等やコストで自身を消費する《獄門の星輝兵 パラジウム》《廃絶の星輝兵 ネオジム》等を中心としている場合ならブースト役が不足するリスクを軽減する役割も担える。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

  • 「ストレンジ(Strange)」とは、「奇妙」を意味する英単語。

FAQ

  • Q3732 (2017-10-20)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットは裏向きになり、ユニットから呪縛カードとなります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの始めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードあるリアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行なえる手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。

収録情報

クランブースター混沌と救世の輪舞曲G-CB06/011 RR イラスト/NINNINそう、お前は追い詰められている。