極天(きょくてん)のゼロスドラゴン ウルティマ/Zeroth Dragon of Zenith Peak, Ultima》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ユナイテッドサンクチュアリ - ゼロスドラゴン パワー25000+ / シールドなし / ☆1
【究極超越】(あなたの表のGゾーン3枚以上で解放!Gゾーンに戻る際、Gゾーンを除外!) - ストライドステップ - [あなたのヴァンガードと同名のカードを手札から1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[【カウンターブラスト】(2)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から4枚探し、山札をシャッフルし、探したカードの中から2枚を別々の(R)にコールし、残りのカードを山札の上に好きな順番で置く。そのターン中、あなたのトリガー効果はあなたのユニットすべてを選ぶ。

 竜神烈伝で収録されるユナイテッドサンクチュアリGユニット

 ヴァンガードサークル登場した時にカウンターブラスト(2)で、山札から4枚探し、2枚をスペリオルコールし、残りのカードデッキトップに置き、そのターン中、トリガー効果ユニットすべてを選ぶ自動能力を持つ。

 前半の効果山札から好きなカード2枚ずつをスペリオルコール及びデッキトップに置く単発効果

 リアガードを2枚確保しつつデッキトップ2枚の内容を確定させることで、後半の継続効果を活かすための下準備を整えられる。
 【ロイヤルパラディン】【シャドウパラディン】【ゴールドパラディン】であれば、スペリオルコール山札からリアガードサークル登場した時の能力誘発の起点としても活かすことができる。

 注意点として、こちらの効果解決後にドローソウルチャージ山札から探す類の効果を含む能力を利用すると、結果的に後半の効果を阻害する可能性があるので、このカードドライブチェックを2回終えるより前のタイミングでのそれらの能力の迂闊な利用は避けておきたい。

 後半の効果は、トリガー効果は、ユニットすべてを選ぶ継続効果

 パワー+5000を付与する共通効果に加えて、クリティカルトリガースタンドトリガーの固有効果といったユニットに作用する類のトリガー効果目標が、ユニット1枚からユニットすべてに変更されることになる。
 仮に前半の単発効果デッキトップクリティカルトリガースタンドトリガーをそれぞれ1枚ずつ置き、このカードを含むユニット6枚を揃えた状態でドライブチェックを行えば、合計パワー+20000/クリティカル+1を確実に得られ、左列右列スタンドした上で同様に合計パワー+20000/クリティカル+1を与えられ、強烈な追撃が行える後続まで確保できる。

 3回目のドライブチェックでもこの効果の恩恵を享受し、ユニットすべてに追加でパワー+5000を付与できるかは運次第であるが、【ロイヤルパラディン】【オラクルシンクタンク】【シャドウパラディン】【ゴールドパラディン】【ジェネシス】山札全体ないしデッキトップ数枚程度からカード探し、それを手札ソウルに置いたり、リアガードサークルスペリオルコールすることに長けておりそれによって副次的に山札の圧縮が行えるので、事前にそれらを多用しておけば3回目のドライブチェックでもトリガーユニットがでる確率はある程度は高められる。
 【エンジェルフェザー】については、このカードドライブチェックに頼らずとも救援能力等でこのカードダメージを与えればダメージチェックでその恩恵を享受できるので、そちらを利用するという方法もある。

関連カード

ユニット設定

竜神「ギーゼ」の力が込められた「破壊の竜骨」と呼ばれる楔が、打ち込まれた周囲の精霊を吸収して受肉した恐るべき兵器。ギーゼは「ウルティマ」と言う名で識別していたが、メサイア陣営からは「極天」という二つ名で呼ばれていたらしく、後の文献でもその通称で記されていることが多い。現代のユナイテッドサンクチュアリにあたる大陸に打ち込まれた楔で、純白の翼を持つ神々しい姿をしている。しかし、これは大地に光の精霊が満ちていた影響であり、ウルティマの本質は邪悪そのもの。それを裏付ける記録として「彼の者を守護竜と誤認した無抵抗の民を、極天はその剣を以って容赦なく蹂躙した」とある。当代の守護竜数体を葬る凄まじい戦闘力を誇ったが、最期は勇気ある1人の戦士による捨て身の一撃を受け、核である竜骨のみを残して砕け散ったという。

現在のクレイ各国の戦況
ユナイテッドサンクチュアリ

海軍初代元帥「ヴァレオス」に乗っ取られた「蒼波」に襲撃を受けるも“アクアフォース”正規部隊の助力により、敵を沿岸部まで押し戻すことに成功。以降も彼らと協力して、「蒼波」、「星輝兵」の迎撃作戦を続行中

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/002 ZR イラスト/古澤あつし極天
eventual pole
G-BT14/XXX イラスト/古澤あつし(※なし)