百害女王(イビルガバナー) ダークフェイス・グレドーラ/Evil Governor, Darkface Gredora》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
メガコロニー - インセクト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(V)に登場した時か、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、縦列を1つ選び、次のターン中、相手はその縦列の(R)にカードをコールできない。(スペリオルコールもできない)
【自】【(V)】【Gブレイク】(1):[【ソウルブラスト】(1)] あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のダメージゾーンから表のカードを1枚選び、裏にし、あなたは【カウンターチャージ】(1)。

 The AWAKENING ZOOで収録されたグレード3のメガコロニー

 1つ目の能力は、1ターンに1回、ヴァンガードサークル登場した時かGユニット超越した時、カウンターブラスト(1)で、縦列を1つ選び、次のターン中、相手はその縦列リアガードサークルカードコールできなくなる自動能力

 小型の《無法怪神 オブティランドス》ともいえる能力で、そちらと同様にリアガードサークルへのコールを起点として選んだ相手リアガードの補充やユニットの重複処理による退却を防止できるので、次のターンシールドの消費の節約、《パニッシュ・スタッグ》《魅了怪人 スイートカクテル》で与えた能力によるドローの確実化、相手コールを介するギミック全般の阻害といった恩恵が得られる。

 こちらは効果を適用できるのは次のターン中のみかつ目標とした縦列1つのみと限定されているが、5ターン目から継続的に狙える点と汎用性のある様々なGユニットとの併用が狙えるといった利点がある。

 2つ目の能力は、ライドフェイズ開始時にソウルブラスト(1)で、相手ダメージゾーンの表のカード1枚を裏にし、あなたカウンターチャージ(1)するジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 ソウルブラスト(1)と抵コスト相手ダメージゾーンの表のカード1枚を裏にしつつ、こちらはカウンターチャージ(1)を行うことでリソースの量というアドバンテージ差を生産することができる。
 一応、ジェネレーションブレイク(1)の制限があるが誘発条件の都合で元より7~8ターン目以降にしか使えないので、5~6ターン目でこのカードライドし、6~7ターン目の間でGユニット超越またはコールする算段を整えておけば気になりくい。

 本ゲームではダメージゾーンの表のカードはどのようなデッキでもカウンターブラストという形で消費するものであり、カードアドバンテージには直接影響を与えずとも少なくない影響力を持ち得ることになる。
 その性質上、カウンターブラストの利用に依存するデッキであるほど影響力を増すのは勿論のこと、それ以外の面でも【エンジェルフェザー】等のダメージゾーンの表のカード自体を参照し得るデッキにはより高い効力を望める。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

クレイ最大の犯罪結社“メガコロニー”。その頂点に座する者こそ「ダークフェイス・グレドーラ」。通称「女王」である。破壊の竜神「ギーゼ」の使徒であり、神々の戦「大災厄」の折には、数百万を超える怪人大隊を指揮して地上を混乱に陥れた。判断力・決断力に優れ、時に大胆、時に慎重。そして、攻め時と引き時の判断を決して見誤らない。怪人という、元来身勝手な者たちで構成された組織“メガコロニー”が、こうして長い歴史を保っていられるのは、女王である彼女の存在あってこそなのである。此度の戦での勝利を確信した彼女は、後を参謀に託し、単身クレイを発った。すべては、いずれ結社を担う王となる者――「ダークフェイス」を継いだ未熟なる最強の怪人にして最愛の我が子「アルキデス」の助けとなるために。

  • 足の数や糸を出していることから、モチーフは「蜘蛛」だと考えられる。「ダークフェイス」関連のカードとしては初の「クワガタムシ」以外がモチーフとなるカードである。
  • 小説「惑星クレイ物語」では、ギーゼの忠臣(ギーゼ・ミニオン)の一人でありガスティールヴァレオスと共にギーゼ側に就いている。
    • ギーゼ復活の為に「ダークフェイス」の称号を持つ息子であるアルキデスを惑星「E」の知的生命体に「時空間強制憑依(ディファレントワールド・ライド・イリーガル)」させ、自らはズーの征服を狙ってグレートネイチャーネオネクタールに戦争を引き起こす。
    • 戦争の最中、メガコロニーの全権を参謀であるプロムラーバに委任。アルキデスの助けとなるために自らも惑星「E」の知的生命体に「時空間強制憑依(ディファレントワールド・ライド・イリーガル)」した模様。
    • 彼女が帰還した頃には、ネオネクタールを中心とするズーの連合軍相手にメガコロニー軍は、グレドーラの不在により統率を失い、ほぼ敗北しかけていた。ギーゼ復活後は、ギーゼが敗北する可能性を見越してか、ガスティール達との規約を破ってメガコロニーはギーゼと共に戦わず、連合軍に和解を申し入れた。

FAQ 節を編集

  • Q2457 (2017-12-08)
    Q. スペリオルコールを含む能力は、使うことができなくなるのですか?
    A. いいえ違います。能力を使うことはできますが、それに含まれるコールは実行させません。その他の部分は実行されます。
  • Q2458 (2017-12-08)
    Q. 「リアガードサークルにコールする」のような強制効果でも相手はコールできませんか?
    A. はい、できません。
  • Q3076 (2018-10-05)
    Q. “このユニットが(V)に登場した時か、あなたのGユニットが【超越】した時”発動する能力は、ノーマルライドし効果を発動したターンに【超越】し、もう一度効果を発動できますか?
    A. いいえ、出来ません。【ターン1回】の能力は、同一ターン中に一度しか使うことが出来ません。
  • Q3077 (2018-10-05)
    Q. “縦列を1つ選び、次のターン中、相手はその縦列の(R)にカードをコールできない”という効果により選択されている縦列に、相手は、「鉄星の黒弾 フォトスフィア」等のコストや効果により、呪縛カードを置くことは可能ですか?
    A. はい、可能です。「呪縛カードとして置く」という行動は、「コールする」という行動ではないため、禁止されません。そのため、選択された縦列のリアガードサークルに、「鉄星の黒弾 フォトスフィア」のコストとして、呪縛カードを置くことは可能です。また、呪縛状態のカードを表向きにする「解呪する」という行動は、カードのコール等としては扱われないため、その縦列に存在する呪縛カードを解呪することも可能です。
  • Q3628 (2017-12-08)
    Q. スペリオルコールを含む能力は、使うことができなくなるのですか?
    A. いいえ違います。能力を使うことはできますが、それに含まれるコールは実行させません。その他の部分は実行されます。
  • Q3629 (2017-12-08)
    Q. 「リアガードサークルにコールする」のような強制効果でも相手はコールできませんか?
    A. はい、できません。
  • Q4247 (2018-10-05)
    Q. “このユニットが(V)に登場した時か、あなたのGユニットが【超越】した時”発動する能力は、ノーマルライドし効果を発動したターンに【超越】し、もう一度効果を発動できますか?
    A. いいえ、出来ません。【ターン1回】の能力は、同一ターン中に一度しか使うことが出来ません。
  • Q4248 (2018-10-05)
    Q. “縦列を1つ選び、次のターン中、相手はその縦列の(R)にカードをコールできない”という効果により選択されている縦列に、相手は、「鉄星の黒弾 フォトスフィア」等のコストや効果により、呪縛カードを置くことは可能ですか?
    A. はい、可能です。「呪縛カードとして置く」という行動は、「コールする」という行動ではないため、禁止されません。そのため、選択された縦列のリアガードサークルに、「鉄星の黒弾 フォトスフィア」のコストとして、呪縛カードを置くことは可能です。また、呪縛状態のカードを表向きにする「解呪する」という行動は、カードのコール等としては扱われないため、その縦列に存在する呪縛カードを解呪することも可能です。

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe AWAKENING ZOOG-EB02/006 RRR イラスト/田島 幸枝愛し子達の繁栄の為、世界には滅んでもらわねばな。
G-EB02/S02 SP イラスト/田島 幸枝(※なし)