竜刻魔道士(ドラグウィザード) ウスキアス》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
シャドウパラディン - エルフ パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】【ターン1回】儀式3(あなたのドロップゾーンにグレード1が3枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1)] あなたの「ルアード」を含むヴァンガードがいるなら、ドロップゾーンからグレード1のカードを1枚選び、そのターン中、このユニットのパワーを増やす。増やす数値は、選んだカードのパワーである。そのカードを山札の下に置いてよい。
【自】【(R)】【Gブレイク】(1):[他のあなたのリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

 剣牙激闘6パックキャンペーンで配布されたグレード2のシャドウパラディン

 1つ目の能力は、1ターンに1回、カウンターブラスト(1)で、「ルアード」のヴァンガードがいるなら、ドロップゾーングレード1のカードパワーと同じ数値のパワーを得て、そのカードデッキボトムに置ける起動能力

 儀式3の制限とは別に、要件で「ルアード」のヴァンガードがいることを要求されるので使えるタイミングは5ターン目以降となる。

 選ぶカードにもよるがパワー+7000前後を得られるので単体パワー16000以上を目指しやすく、《竜刻魔道士 モルフェッサ》もそちらの永続能力が有効なら選ぶことができ、それを利用するならパワー+9000を得られる。

 選んだカードは任意でデッキボトムに置くことが可能なので、ドロップゾーンよりも山札にあった方が都合の良いグレード1のカード山札に送りにする用途にも使うことができる。
 ただし、他の儀式能力の有効化を阻害してしまう場合や《暗黒竜 アニムスパイル・ドラゴン》《天空を舞う竜 ルアード》儀式能力継続効果部分の効果量の減少に繋がるので、デッキボトムに置く際はその点に注意しておきたい。

 ジェネレーションブレイク(1)は、アタックヒットした時に他のリアガード1枚の退却で、1枚ドローする自動能力

 リアガードコストドローを行うことで次のターンの守りに使う手札を確保しつつ、その後のターン儀式能力で利用するグレード1のカード等をドロップゾーンに送り込むことができる。

 使えるタイミングは遅いが誘発条件アタックヒットした時と緩く、インターセプト潰しをする場合でも狙える。
 《赤閃の騎士 フェルディア》《秘められし才気 ルート》と併用すれば後続の要求シールド値を高めるガード強要を行うことができる。
 《キラーミュー》と組み合わせて、バトルの終了時の時限誘発退却を回避してディスアドバンテージを抑えてパワーを高めるコンボに利用するのもよい。

関連カード

ユニット設定

“シャドウパラディン”で調査されている秘術「竜刻変化(ドラグシフト)」の研究者、「竜刻魔道士(ドラグウィザード)」の1人。竜刻魔道士を志す前の「ルアード」を知る数少ない悪友。彼の使う竜刻変化は、体表の皮膚組織を書き替え、肌のみを竜の鱗へと変化させる――いわゆる硬化魔法の延長に近いものであり、構成情報を芯から作り変える通常の竜刻変化とは異なる。彼の場合は身体の端から順に竜化を進行させる一般的な竜化の進行ではなく、体表から徐々に竜化を深めていくという実験を、自らの体を使って行っているのである。なお、“シャドウパラディン”に所属しているものの、普段は世界中の書物を巡っているため、国内にいないことの方が多い。また、戻ってくるたびに魔界城に悪戯をして去っていくため、「モルフェッサ」などの管理者からの評価はすこぶる悪い。

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

PRカード剣牙激闘6パックキャンペーンPR/0576 イラスト/篠丸峰山想念は時に現実を凌駕する。