蒼波元帥(そうはげんすい) ヴァレオス/Blue Wave Marshal, Valeos》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
アクアフォース - アクアロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの手札から「蒼波」を含むカードを1枚まで選び、(R)にコールし、そのターン中、パワー+2000。1枚コールしたら、1枚引く。
【自】【(V)】:[【ソウルブラスト】(1) - 「蒼波」を含むカード] あなたの「蒼波」を元々含むGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワーが11000になるまで増減させ、この効果とガーディアンのシールド以外でパワーが増減しない。

 究極超越で収録されたグレード3のアクアフォース

 1つ目の能力は、ライドフェイズ開始時にカウンターブラスト(1)で手札から「蒼波」のカードを1枚までスペリオルコールし、パワー+2000を与え、1枚コールしたら、1枚ドローする自動能力

 継続効果によってパワー+2000を与えられるので単体でバトルの回数を稼げるがパワーの面で物足りない《蒼波竜 アーセナルフリート・ドラゴン》《蒼波水将 ガレアス》《蒼波竜 サブマージ・ドラゴン》パワーを扱いやすい数値に調整することができる。
 他にも超越スキルコストが足りない場合にコスト確保のドロー手段として活用したり、《蒼波兵長 ベラギオス》コールして2枚目の《蒼波元帥 ヴァレオス》を手札に加え、究極超越スキルコストを確保して《絶海のゼロスドラゴン メギド》超越を狙うということも可能である。

 2つ目の能力は、「蒼波」のGユニット超越した時にエスペシャルソウルブラスト(1)で相手ヴァンガードを1枚をパワー11000になるまで増減させ、この効果ガーディアンシールド以外でパワーを増減しなくなる自動能力

 「蒼波」のGユニット超越した時にしか誘発せず、相手ヴァンガードパワー11000に留めることができる。
 バトル回数稼ぎに直接貢献はしないがそのターン中継続するため【アクアフォース】全般の課題となる、パワー12000以上のユニットへの対応や1回目のバトルによるダメージチェックトリガーユニットが出る等の要因で単独でバトルを行う後続のユニットアタックヒットが望めなくなるという状態が起こらなくなるため確実に相手手札を削ることができる。

 強力な効果ではあるが誘発条件の厳しさとは別にコストソウルの「蒼波」のカードを要求されることで使える回数に限りがでてくるため、必要な状況でのみ利用したり、《蒼波新兵 ヨティス》《蒼波兵 ブルーギル・トルーパー》等のノーマルライド以外の手段でソウルに置くことができる「蒼波」のカードで補充してコスト切れを防止するようにしたい。

関連カード

ユニット設定

海軍“アクアフォース”の初代元帥。クレイの全海を支配した、歴戦の古強者。神々の戦「大災厄」の直前、海軍の全面降伏を要求してきた「ギーゼ」に単身で挑み、これに敗北。以来、その圧倒的な力に心酔し、ギーゼの言動すべてを肯定している。大災厄での敗戦後に封じられたが、「ガスティール」の手引きによって解き放たれた。解放された後、共に復活を遂げた直属の大部隊「旧世軍」を率いて海軍の特殊部隊「蒼波」を制圧。自らを「蒼波元帥」と称し、残存兵を取り込みながら蒼波を拡大していった。本来の姿は「メイルストローム」をも軽く超える史上最大の巨大海竜。元の巨体では、体を動かすだけでも周囲に被害を及ぼしてしまうため、普段はアクアロイドの器に意識を移して活動している。

◆大災厄における「グレドーラ」「ヴァレオス」の功績と末路
創世神「メサイア」と破壊神「ギーゼ」の激突した、古の超大戦「大災厄」。この戦において、ギーゼ側には「使徒」と呼ばれる直属の配下が存在した。その中でも、特に有能かつ強大な力を持っていた「ギーゼの忠臣(ギーゼ・ミニオン)」とも呼ばれる3名――ギーゼの圧倒的な力に心酔する狂信者にして、クレイの全海を支配する海軍元帥「ヴァレオス」。1度世界を無に還した後、自らの子らの手で新たな世界を創り上げようと目論む邪悪な女王「グレドーラ」。そして、甘言蜜語を弄して破壊を望む輩を先導した、神の代弁者なる魔王「ガスティール」。ギーゼがメサイアに先んじてクレイを掌握できたのは、彼らの働きがあったからに他ならない。ヴァレオスが海を支配し、グレドーラが空と陸を蹂躙し、ガスティールが人々の心を堕とす……破壊神の加護を受け、守護竜に匹敵する力を得た使徒たちであれば、その程度の所業は造作も無いことであった。しかし、メサイアがもうひとつの惑星の力を得たことで、戦況は変わった。神剣「フィデス」を携えし初代剣聖がヴァレオスを降し、その封印を果たしたことで、光の戦士たちの胸に再び希望の炎が灯ったのである。フィデスの勇姿に続く戦士たちにとって、元帥を失い混乱の極みにあった海軍など物の数では無かった。ある者は討ち取られ、ある者は封印され、クレイ全海を支配した海軍は瞬く間に壊滅した。“アクアフォース”が討たれ、海を介しての移動が可能となったため、各大陸に散っていた戦士たちが続々と集結。彼らの連携により、兵力で圧倒していた“メガコロニー”を押し返すことに成功した。敗北の気配をいち早く悟ったグレドーラは、被害を最小限に留めるため、各所に撤退命令を発する。彼女が率いる怪人軍団は「死ぬまで退かぬ」という必死の抵抗を試みている振りをしつつ、密かに建設していた地下基地へと逃れた。以降数千年もの間、地下深くに潜伏し続けていたという(この際、グレドーラの死亡説が流布されていたが、聖樹争奪戦時に生存が確認される)。

  • 設定によると、普段はアクアロイドの器に意識を移しているが、本来の姿は「メイルストローム」をも軽く超える史上最大の巨体を誇る巨大海竜であるらしい。
  • 背景設定上では、かつて破壊の竜神「ギーゼ」に心酔し、全軍を率いて滅亡による絶対正義をなさんとした“アクアフォース”の初代「元帥」。古の超大戦「大災厄」では初代敗戦後、異常なまでの正義への執着は「大災厄」での敗戦後に“アクアフォース”全軍と共に封印されてもなお衰えることを知らず、後の解放戦争で《蒼嵐竜 メイルストローム》暴走させる引き金となっている。
  • 創世神メサイアによる魂の浄化を精神力と忠誠心で耐え抜き、ガスティールの手引きによって直属の大部隊「旧世軍」と共に復活を果たす。復活後は、「旧世軍」と共にアクアフォースの特殊部隊「蒼波」を手始めに制圧し、「蒼波元帥」と名乗る様になる。
    • 蒼波」の奪回を狙うサヴァスメイルストロームら現代のアクアフォース軍とロイヤルパラディンアルトマイルを中心とする部隊の連合軍と衝突する。その最中に、部隊を第一補佐官であるアーセナルフリートに託し、惑星「E」の知的生命体に「時空間強制憑依(ディファレントワールド・ライド・イリーガル)」を行った模様。
    • アルトマイルによるとクレイに帰還後、サヴァスに斬られて敗北した。
    • ギーゼ復活後、ガスティールと共に万全の状態でギーゼの下に復活し、アルトマイルを終止圧倒する。しかし、サヴァスメイルストロームの加勢により劣勢に立たされ、「神剣フィデス」を持つアルトマイルにアクアロイドの核を砕かれる。それでもなお、歴戦の強者である3名でさえも寄せ付けない程の力の奔流と共にアクアロイドの器に封じていた自身の真の姿を解放しようとしたが、フィデスと引き換えに抑え込まれ、共に消滅した。

FAQ

  • Q3757 (2017-11-17)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3758 (2017-11-17)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q3785 (2017-11-17)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか??
    A. コストとして支払うカードの条件を指定しています。そこに指定された条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンにある《かげろう》である「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q3789 (2017-11-17)
    Q. 「○○」を元々含む、とはなんですか?
    A. 能力などで得る前の、カードに書かれているカード名です。
  • Q3836 (2017-11-17)
    Q. このユニットの「11000まで増減させ~」の能力で選んだヴァンガードが、何らかの条件を持つ永続能力で強化されており、この効果で選んだ後にその条件を満たさなくなった場合、パワーは減りますか?
    A. いいえ、減りません。そのターン中はシールド以外では増減しません。

収録情報

ブースターパック究極超越G-BT13/013 RRR イラスト/伊藤未生我が主、ギーゼ様による滅亡のみが“絶対正義”だ。
G-BT13/S09 SP イラスト/伊藤未生(※なし)