(ちか)いの解放者(リベレイター) アグロヴァル/Oath Liberator, Aglovale》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ゴールドパラディン - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたのカード名に「解放者」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から3枚見て、カード名に「解放者」を含むカードを1枚まで探し、ユニットのいない(R)にコールし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。

 聖裁の青き炎で収録されたグレード2のゴールドパラディン

 リアガードサークル登場した時に「解放者」のヴァンガードがいるならカウンターブラスト(1)でデッキトップ3枚から「解放者」を1枚までスペリオルコールする。

 「解放者」のヴァンガードという要件があるものの、これらのカードはほとんどが【解放者】以外での使用が困難なのでほとんど影響はなく、デッキトップ3枚とやや狭めの範囲とはいえ選択的なスペリオルコールを緩い誘発条件で行えるのは大きな利点である。

 《疾駆の解放者 ヨセフス》《歴史の解放者 メロン》山札からスペリオルコールできれば、容易に更なるアドバンテージを稼ぐこともできる。

 純粋な【解放者】では数少ない《黄金竜 スカージポイント・ドラゴン》自動能力を能動的に誘発させることができるカードでもあるので、《黄金竜 スカージポイント・ドラゴン》超越することも視野に入れるならば、手札に残しておきたい。

 純粋な【解放者】では《横笛の解放者 エスクラド》よりも使い勝手は良いものの、《月影の白兎 ペリノア》等の有用な「解放者」でないカードスペリオルコールできなかったり、複数回の誘発ができなかったり、ガード強要にならない等のこちらが劣る状況もあり、デッキによって使い分けたり、両方を採用するのもよいだろう。

関連カード

ユニット設定

神聖国家第二正規軍“ゴールドパラディン”の《解放者》の一人。「ブラスター・ブレード」が失われた世界に突如現れた謎の騎士。普段は目深にかぶったフードで顔を隠している上、常時気配を消して行動している為、顔はおろか遠目からでもその姿を見た者はほとんどいない。表向きの肩書きは強襲部隊隊長となっているが、彼に与えられた真の任務は騎士王の護衛。この事は騎士王本人にも知らされいない、「パーシヴァル」が独自に下した極秘事項である。


「パーシヴァル」の副官にして、唯一無二の友。効果を脚力に限定した身体強化兵装「フィルメール・リボルト」を使う超速の騎士。改変世界に召喚されてからは、英雄を演じる「パーシヴァル」の代わりに、いつ仕掛けてくるともわからない“リンクジョーカー”への警戒と、「ブラスター・ブレード」という存在の痕跡を探る調査を行っていた。前述のような事情がある為に、口数が少なく、存在感も希薄だが、本来は少年のように明るく勝気な性格をしている。

FAQ

  • Q993 (2014-07-10)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q994 (2014-07-10)
    Q. 見たカードの中に、当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 見たカード全てを山札の下に戻してください。

収録情報

トライアルデッキ聖裁の青き炎TD16/006 イラスト/萩谷薫騎士の「誓い」、そは永遠に違えられることなし。
はじめようセットはじめようセット 聖裁の青き炎TD16/006 HS イラスト/萩谷薫騎士の「誓い」、そは永遠に違えられることなし。
ブースターパック煉獄焔舞BT17/L02 LR イラスト/萩谷薫騎士は誓う。人々を、苦しみから解放する日を。