超越神龍(ちょうえつしんりゅう) ヌーベルバーグ・レクスプレス/Transcendence Divine Dragon, Nouvelle Vague L'Express》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(1),Gゾーンから裏の「超越神龍 ヌーベルバーグ・レクスプレス」を1枚選び、表にする] そのターン中、このユニットは『【永】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックしたバトル中、相手はグレード1のカードを自分の手札から自分の(G)にコールできない。』『【永】【(V)】:あなたのターン中、相手のダメージゾーンが5枚以上なら、相手のトリガーの効果をすべて無効にする。』を得る。

 The Overlord blaze “Toshiki Kai”で収録されたかげろうGユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とGペルソナブラストで、『ヴァンガードアタックしたバトル中、相手グレード1のカード手札からガーディアンサークルコールできなくなる永続能力』と『相手ダメージゾーンが5枚以上なら、相手トリガー効果をすべて無効にする永続能力』を得るジェネレーションブレイク(2)の起動能力を持つ。

 ブーストを加味すればグレード1の守護者をほぼ無力化した状態で相手ヴァンガードに対してシールド35000前後を要求することができる。
 この能力を使用できるのは基本的に7〜8ターン目以降となるが、能力の特性上フィニッシャーとして真価を発揮する能力であるので特段問題にはなりにくい。

 相手グレード1の守護者しか入れておらず、ガードせざるを得ない状況に追い込めば、パワーの高さに応じて奪えるシールド値が多くなるので、フォースによる強化や《リザードソルジャー ラオピア》(Vシリーズ)等の様な強力なブースト役に加えて、ガードの成立にガーディアンを複数枚を要求する《ドラゴンナイト イマード》等の後続も用意しておきたいところである。

 プロテクト《閃光の盾‎ イゾルデ》(ドロートリガー)等のグレード1以外の守護者で容易に対処されやすいだけでなく、それらが無くても、シールドの多いグレード0のカードGガーディアンスペリオルコールできるGユニット等は利用できるので、中々ヒットを狙いにくくなる場合もある。

 殆どの【かげろう】退却ギミックに関連するGユニットが主力であり、相手退却を恐れてリアガードを残さない戦法を使ってきた際の対処法としては有益だが、同時に相手手札の内容に依存しにくい《炎熱機竜 ズィーゲンブルク》の存在もあるのが悩ましい。

 得られる2つ目の能力は、相手ダメージゾーンが5枚以上なら、トリガー効果すべてを無効にする永続能力

 要件の都合から実質的に無効にできるのはヒールトリガーによる回復効果に限定されるものの、有効なら相手ヴァンガードに1ダメージを与えれば相手敗北処理の発生を確定させることができる。
 機能するのは相手ダメージゾーンが5枚かつ相手ダメージチェックヒールトリガーが出た場合のみとかなり限定であるため働きとしては運の振れ幅をなくす程度に留まるが、このターンでフィニッシュが確実に狙えると判断できる場合はだめ押しとして機能するようになり、スタンドトリガー等で手数を稼げばより高いフィニッシュ性を期待できるようになる。
 相手ダメージゾーンが4枚の場合でも、こちらのダメージゾーンが5枚の状態でクリティカルトリガー等の効果クリティカルを増加を行い、相手ヴァンガードに2ダメージを与えれば1回目と2回目のダメージチェックのそれぞれでヒールトリガー回復効果を不発にできるので、相手敗北処理の発生が確定するようになる。

関連カード

ユニット設定

ドラゴンの始祖の一体にして伝説の超越生存体、「ドラゴニック・ヌーベルバーグ」の可能性のひとつ。どの時空・時代の可能性なのかは不明。創生神たちに分かれたはずのヌーベルバーグの欠片が、守護竜としての形を成さず、己を再構成した姿という説が有力である。彼を発見したのは、時空間を行き来していた“ギアクロニクル”の女性団員。その団員曰く、時空の狭間に突如出現した巨大な竜は、彫像のように動くことなく、彼女が発見してから数時間後に消失したという。記録された画像データから、クレイに伝わるドラゴンの始祖である可能性が浮上したため、その名を借り、「レクスプレス」という仮称を加えられた。神なる竜が、何を目的として時空間に現れ、そして消えたのか、それは今以て謎のままである。

FAQ

  • Q2001 (2016-03-17)
    Q. 「トリガーの効果を無効にする」能力は、ダメージゾーンが5枚になる前に出ていたトリガーの効果も無効になりますか?
    A. いいえ、なりません。
  • Q2002 (2016-03-17)
    Q. 【ジェネレーションブレイク】で指定された枚数を満たすために、その能力自身のコストで表にする予定のカードも数えてよいのですか?
    A. いいえ、数えられません。この能力のコストの支払いは、Gゾーンとヴァンガードサークルに表のカードが合計で指定された枚数以上ないと支払うこと自体ができません。
  • Q2003 (2016-03-17)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q2004 (2016-03-17)
    Q. ダメージゾーンが4枚の時にダメージを与え、そのダメージチェックでトリガーがでました。このトリガーは「トリガーの効果を無効にする」能力で無効になりますか?
    A. いいえ、なりません。そのダメージチェックの段階では、まだダメージゾーンは4枚です。
  • Q2005 (2016-03-17)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q2006 (2016-03-17)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q2007 (2016-03-17)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。

収録情報

レジェンドデッキThe Overlord blaze “Toshiki Kai”G-LD02/001 イラスト/百瀬寿災厄の炎が、新たな時代の示現を告げる。