(たか)まる波紋(はもん) パヴロス/Rising Ripple, Pavroth》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
アクアフォース - アクアロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【永】【(V)】:あなたのソウルに「静かなる波紋 ソティリオ」があるなら、このユニットのパワー+1000。
【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたのソウルに「静かなる波紋 ソティリオ」があるなら、あなたの《アクアフォース》のリアガードを1枚選び、【スタンド】させ、そのターン中、パワー+3000。

 封竜解放で収録されたグレード2のアクアフォース

 能力誘発すれば高確率で追撃が行え、アドバンテージになる。
 パワーの追加もあるので、多少パワーの低いグレード1などを無理に出しても追撃を期待できる。

 なるべく《荒ぶる波紋 ラビス》《双撃のブレイブ・シューター》等、高いパワーアタックすると良い。
 自動能力を使うことなくレスト状態にした《タイダル・アサルト》スタンドしてみるのも面白い。

 《閃く波紋 オデュッセウス》能力を使えばソウル《静かなる波紋 ソティリオ》を置きつつこのカードスペリオルライドすることも難しくはない。
 相手Gユニット超越ヴァンガード双闘を警戒して、このカードのまま何ターンか戦い続けるのも手である。

関連カード

ユニット設定

海軍大佐「ジノビオス」の部隊に所属する伍長。 飛沫のように変幻自在な高速剣の使い手。 現部隊に異動する前は、高い戦闘能力を買われて執行部隊「ティアーナイト」に所属していたが、感情過多で非情になりきれない性格が災いして任を解かれてしまう。 その後、様々な部隊を転々としていたが、当時中佐であった「ジノビオス」の下で軍の思想に縛られない自由な戦い方を許され、本来の実力を如何なく発揮できるようになった。 周囲の味方を巻きこないようにという配慮から単騎での突貫を好むが、読みが甘い為に危険に晒される事も多く、同部隊の「ソティリオ」によく諫められている。 その剣は水中にあっても速度を落とさず、振るえば振るう程加速する。 一見はもちろん、二度三度見たところで到底捉える事など出来ないだろう。


海軍大佐「ジノビオス」の部隊に所属する伍長。 飛沫のように変幻自在な高速剣の使い手。現部隊に異動する前は、高い戦闘能力を買われて執行部隊「ティアーナイト」に所属していたが、感情過多で非情になりきれない性格が災いして任を解かれてしまう。

その後、様々な部隊を転々としていたが、当時中佐であった「ジノビオス」の下で軍の思想に縛られない自由な戦い方を許され、本来の実力を如何なく発揮できるようになった。周囲の味方を巻きこないようにという配慮から単騎での突貫を好むが、読みが甘い為に危険に晒される事も多く、同部隊の「ソティリオ」によく諫められている。

その剣は水中にあっても速度を落とさず、振るえば振るう程加速する。 一見はもちろん、二度三度見たところで到底捉える事など出来ないだろう。

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

ブースターパック封竜解放BT11/041 R イラスト/伊藤未生我が剣は飛沫! 一見で見切ることなど不可能!