【ガイア】

概要

 ディスアドバンテージの軽減に秀でた「ガイア」やそのサポートカードを中心とした【暴喰】

構築について

キーカード

―グレード3

―グレード2

―グレード1

暴喰能力を持つカード

―Gユニット

―グレード2

―グレード1

暴喰能力を持たないカード

―Gユニット

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点

 暴喰状態関連の能力の多くがジェネレーションブレイク能力による制限があることで速攻が難しく、5〜6ターン目でのノーマルライドを見送る戦術にも弱い。
 序盤戦に対応させたいのであれば、《タンクマンモス》辺りを採用しておきたい。

 暴喰能力を持つユニットとは別に暴喰状態関連の能力で利用したい効果に応じてリアガード退却させなければならず、《ベビーカマラ》《シーラマグナム》《ラウダーアンモナイト》等で補助しないとカード消費が嵩みやすいのが弱点となる。

 更にキーカードを揃えていく必要がある割りにそれを揃える手段が少なく、回り始めれば強いことは確かだが、それまでにリアガード手札相手に処理されるだけでも大きな痛手となるので相手依存しやすいことも大きな欠点である。

 カード消費を補うリアガードサークルからドロップゾーンに置かれた時の能力が他のファイターターン中に誘発しないものを中心に利用するため、他の【たちかぜ】と比べて他のファイターターン中の退却にやや弱い。 

関連リンク