【ガイア】

概要

 「ガイア」のGユニット暴喰能力暴喰状態になった時の能力効果によるリアガード退却を起点に暴喰能力を持つヴァンガード効果による退却を要求する能力の活用を狙う【暴喰】

 暴喰能力を持つヴァンガード効果による退却を要求する能力はいずれも高効率のスペリオルコール能力となっており、良質の疑似スタンドに繋げやすいのが特徴。
 その中でも《大砲竜 ヘビーアルゼン》《重弾竜 ディアブロキャノン》暴喰状態で退却させる必要があるが、「ガイア」のGユニット暴喰能力効果による退却を起点に《滑空竜 ディモルグライド》《フルファイアエルク》能力効果でそれらを暴喰状態にし、「ガイア」のGユニット暴喰状態になった時の能力でそれらを退却させることで、最小限の消費で高効率のスペリオルコールに繋げることが可能となる。

構築について

-キーカード

-Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

-グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点

 暴喰状態関連の能力の多くがジェネレーションブレイク能力による制限があることで速攻が難しく、5〜6ターン目でのノーマルライドを見送る戦術にも弱い。
 序盤戦に対応させたいのであれば、《光波竜 カスモルクス》ライドしておきたい。

 暴喰能力を持つヴァンガードによる退却に特化しているので《大砲竜 ヘビーアルゼン》《黒翼竜 レイヴンプテラ》《童竜 リトルティラノ》等によるスペリオルコール手段が豊富であるためカード消費は抑えやすいが、その分退却以外のリソースの消費が嵩みやすい。

 更にキーカードを揃えていく必要がある割りにそれを揃える手段が少なく、回り始めれば強いことは確かだが、それまでにリアガード手札相手に処理されるだけでも大きな痛手となるので相手依存しやすいことも大きな欠点である。

 カード消費を補うリアガードサークルからドロップゾーンに置かれた時の能力は、暴喰能力を持つヴァンガード効果でしか誘発しないものを中心に利用するため、他の【たちかぜ】と比べて他のファイター効果による退却にやや弱い。 

関連リンク