【ラナンキュラス】

概要

 「ラナンキュラス」のサポートを利用する【ネオネクタール】

 動きとしてはその他の【ネオネクタール】とほぼ変わらない。
 《聖樹竜 ジングルフラワー・ドラゴン》《早咲きの乙女 ピア》等といった同名のカードを多く並べておくことで爆発力を高める能力やそれらをサポートするカードの活用に特化している。
 また【アルボロス】【メイデン】等と同様に他のユニット同名のカードとしても扱う継続効果を発生させるものあることからある程度は柔軟に対応できる。
 「ラナンキュラス」の関連カードには開花能力のギミックとの親和性の高いカードも存在するが、それを利用するタイプについては【開花】を参照。

構築について

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点

 他の【ネオネクタール】と同様に全滅まで狙う退却呪縛等といったリアガード潰し全般にはとても弱い。
 《絆の守護銃士 アンテロ》《聖樹竜 レインブレス・ドラゴン》等で反撃の糸口にはできるが、それまでの損失がどこまで響くかは意識しなければいけない。
 フィールド呪縛カードで圧迫されても《幻蒼のラナンキュラス アーシャ》ならその呪縛カードフィールドから撤去できるがあまりにも多く呪縛カードで圧迫されると流石に厳しい。

関連リンク