なるかみ/Narukami

概要

 「ヴァンガード スターターセット」にて初出したドラゴンエンパイアクラン

 内乱終結後、英雄の封印によってその戦力を失ったかげろうに代わる航空部隊であり、フレイムドラゴンでなくサンダードラゴンが主要種族。それ以外についてはかげろうと類似する点が多い。

 指揮官は解放戦争時は《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》が務めていたとされているが、解放戦争後は《抹消者 ドラゴニック・ディセンダント》が新たな指揮官となり特殊部隊《抹消者》が組織される。

 星輝大戦(インベイション・グレイトウォー)時に特殊部隊《抹消者》をはじめとする多くの精鋭たちが傷つき倒れ、星輝大戦(インベイション・グレイトウォー)後にはドラゴンエンパイアの軍事力は低下してしまったが、《喧嘩屋 ビッグバンナックル・ドラゴン》ドラゴンエンパイアを盛り立てるために自身の伝手のみで隊員を集め、《喧嘩屋》なる部隊を設立する。

 相手リアガード退却を得手とする性質もかげろうと類似しているが、なるかみは目標を前列から選んだり、相手に選ばせる退却カードバインドインターセプト対策を非常に得意としており、反面後列への干渉力はあまり高くない。

 また、蒼嵐艦隊では「永続能力を失わせる能力」と「デメリットとなる永続能力」の組み合わせも一種の特性になっていた。

 クラン能力は、『雷激』。

種類別

Gユニット

―15000+

―Gガーディアン

グレード3

―12000

―11000

―10000

グレード2

―10000

―9000

―8000

―7000

グレード1

―8000

―7000

―6000

―5000

―4000

グレード0

―6000

―5000

―4000

―3000

クリティカルトリガー

―5000

―4000

ドロートリガー

―5000

スタンドトリガー

―5000

―4000

ヒールトリガー

―5000

関連リンク