エクストリームファイト

デッキ構築条件の1つである。

  • 2014年3月から2018年4月まで公式・公認大会におけるレギュレーションの1つであったが、2018年5月の新レギュレーション施行により新レギュレーション(事実上プレミアムスタンダード)内で適用された構築条件に変更された。

概要

 2014年3月度から実装され、従来より厳しい制限を持つクランファイトレギュレーション(当時)の対として生まれたレギュレーションである。

 クランファイト導入以前の公式大会の構築レギュレーション同様、複数のクランのカードを同時に使用することができるが、旧レギュレーションと異なりファイターズルールによる【特殊構築条件】【カードの使用に関する追加ルール】はこの構築条件には適用されない。

 ただし、クランファイトでは許容しない永久循環やそれに近いコンボ等に使用制限が掛けられておらず、放置されている等、ゲームバランスの調整はあまり考慮されていないと見られる部分がある。
 そのためか、権利がかかっている全国・国際大会の予選・本戦は一度も使っておらず、2017年大ヴァンガ祭を最後に大型イベントで採用されることはなくなる。公認ショップファイトプレミアムスタンダードの開催可能回が全てクランファイトで開催の店舖が多いことから、参加できる大会は非常に限られる。

  • 複数のクランが使用可能という性質から、単一クランデッキ構築が不可能だったエトランジェのカードも使用可能。
  • テキストで使用可能期間が指定された《学問の体現者 シルベスト》(現在は使用期限を過ぎている)は、旧レギュレーションでは特例として使用可能カードに指定されたが、新レギュレーション施行時に大会ルールから削除され、テキストにより使用不可となる。

関連リンク