ディメンジョンポリス/Dimension Police

概要

 超テクノロジーで次元犯罪者を追う正体不明の正義の味方で、エイリアンバトロイドを数多く擁する。魔侯襲来で初出し、虚影神蝕から構築可能になった。

 味方のユニットパワー増やして、ヴァンガードに一撃必殺の攻撃力を与えることを得意とする。一度のヒットで大打撃を与えられるが、安定性に欠け、リアガードの攻撃能力も頼りなく設定されている。

 また、逆に「相手ユニットパワーを減らす」能力やそれに関連するカードも一部に存在する。これらのユニット設定はいわゆる「正義の味方」の敵役である「怪獣」であるものが多い。

 他にもスペリオルライドを活用してヴァンガードを入れ換え、テンポを早めたり疑似スタンドを可能とする能力も見られる。

 「ディメンジョンポリス(Dimension Police)」とは、英語で「次元警察」といった意味合い。

 クラン全体のリーダーは不明。

 背景ストーリーでは、解放戦争時に敵対していた怪獣達と手を組むことで、謎の勢力「虚無(ヴォイド)」を一度は撃退することに成功したが、「星輝大戦(インベイション・グレイトウォー)」では不意を突かれたことでノヴァグラップラー共々撤退を余儀なくされ、スターゲートの領土の約半分を掌握されてしまっているとされる。

 後に領土奪還に成功し、《鋼闘機》の活躍もあり、復興した。

 クラン能力は、『超爆(バースト)』。

種類別

Gユニット

―15000+

―4000+

―Gガーディアン

グレード3

―11000

―10000

―9000

グレード2

―10000

―9000

―8000

グレード1

―8000

―7000

―6000

―5000

―4000

グレード0

―6000

―5000

―4000

クリティカルトリガー

―5000

―4000

ドロートリガー

―5000

―4000

スタンドトリガー

―5000

―4000

ヒールトリガー

―5000

-4000

関連リンク